« 自分を大切にするってどういうこと? | トップページ | おしえていただいたコントロールの方法で訓練を続けていきます »

2018年5月18日 (金)

執着気質、上の巻

食事を別にすることになってから、義母は介護タクシーを使って自分で買い物に行っていた。

ある日デイサービスから帰ってきた時、職員さんに話しかけられた。
デイからの帰りに、スーパーに寄ってほしいと言われてるんですけど、、、

ダンナに伝えます、と返事をしておいた。
義母の考えそうな事だ。
デイの職員さんに一緒に行ってもらえば、大きな物や重いものも好きなだけ買えるし、タクシー代も要らない。
義母は人を使う事にかけては天下一品だ。
他人は自分に奉仕するために存在すると信じている人だから。
ダンナとケアマネさんが話した。
ケアマネさんから業務外なので、できませんと言われた。
家の者が言っても納得しないので、ケアマネさんから本人にハッキリ断ってください、とお願いした。
ケアマネさんは、義母に断ったようだ。
が、執着気質の義母はそんな事で諦めたりはしない。
断られてからが、義母の本領発揮だ。
自分にとって都合の良い事を思いついたら、とことん執着する。
達成されるまで、あの手この手を考える。
送迎の時に毎回毎回職員さんに言いよるようになった。
ケアマネさんには内緒でちょっとだけ行って、とか。
車で待っててくれれば良い、自分1人で買い物してくるから迷惑かけない、とか。
買い物しないと今夜のご飯が食べれない、とか。
トイレットペーパーが切れてる、とか。
度を超えたシツコさにケアマネさんが折れた。
他の職員さんから苦情も出ていたようだ。
何度お断りしても、断ったことが無かったかのようにすぐにまた言うんです。
あんな性格でしたかねぇ、、、
職員が皆んなウンザリしているんです。
少しの時間という事なので、了承します。と。
お年寄りの扱いに慣れているはずのケアマネさんでも、折れた

ケアマネさん、甘いですよ!
すぐに困ることになりますよ?
ほんとに了承して良いんですか?
そして、、、
下巻へ続きます

« 自分を大切にするってどういうこと? | トップページ | おしえていただいたコントロールの方法で訓練を続けていきます »